tukabarkのおそらく真面目な日記2nd

真面目なゲーム馬鹿のツカバークが日々の日常やゲームのプレイレポートについて書くブログです

とある魔術の禁書目録

1期2期共々視聴し終えたので総合的な感想っぽいのを。

合計4クール分を駆け抜けた訳だけども、

それでも原作小説の半分しか消化できてないんだな、と思いつつ。

個人的な印象としては女性キャラの比率が多めで、

所謂ラブコメっぽい雰囲気だなとは思うものの、実は王道物だったりと、

人によっては見方が変わってくる作品だなと感じてはいたり。

ちなみに自分は原作小説のアニメってほとんど見た記憶が無いというか、

すっかりゲーム馬鹿に染まってしまった部分はあるけども、

原作小説や漫画版にも触れて色々と比較してみると、

いろんな面白さが発見できるんだな、と思う部分はあったり。

今から追うにしても懐具合が死屍累々になるのは分かってはいるのですが、

機会があれば原作の方もぼちぼち触れてみたいなという気分には浸れたので、

多分原作は追わない可能性が高いです(笑)

まだ劇場版と美琴が主役のスピンオフ作品である超電磁砲が残っている訳ですが、

それは来週以降に消化するという事で。

あと、上条さんは不幸というより主役的に恵まれているなと思いました(笑)