tukabarkのおそらく真面目な日記2nd

真面目なゲーム馬鹿のツカバークが日々の日常やゲームのプレイレポートについて書くブログです

テイルズオブエクシリア2


プレイ時間約48時間で本編をクリア。
クリア後のレベルは全員74、パーティはルドガー、ジュード、ミラ、エリーゼでした。
ここから先はネタバレや考察みたいな物があるので、まだ未クリアの方はご注意を!
……と、ネタバレ回避派プレイヤーの方々にに訴えてみたり(笑)
個人的なお約束のごとく攻略サイト等に頼らず、自力で真EDにたどり着いていた事に攻略サイトを見てから気付いた自分ですが、いきなり真EDにたどり着くなんてそりゃ驚きますさ!
……と、個人的な話は置いといて、閑話休題。
真EDはルドガーが時歪の因子となったエンドな訳ですが、クルスニク一族の設定といい、時歪の因子化といい、最近自分がハマってDLC衣装でコラボしている魔法少女まどか☆マギカの魔法少女の設定と似ているなーと思ったのはおそらく自分だけではない筈。
設定云々だけでなく、称号にも、同じくコラボ衣装のあるコードギアスを意識している「反逆のガイアス」や、「ネコマイスター」や「俺たちがネコだ」とかガンダム00ネタ等、あきらかにこれは意識してるよなぁという小ネタもあって楽しめた作品ではありました(笑)
まあ主人公のルドガーの話題に戻るけども、同シリーズで同じようなケースを持つ主役・ヒロインキャラは、TOD2のリアラとTOAのルーク辺りが思い浮かぶけども、この二人のように最終的には帰ってくるのかなーと思ったらあの展開だったわけで。
プレイしていて思ったことは、人は選択を迫られた時どうするのか、高額の借金返済はとても大変だという事が思い知らされましたよ(汗)
まだ通常EDとバットエンドは見ていないから何とも言えんのだけども、今後も地道に借金同様に返済(プレイ)していこうかと。