tukabarkのおそらく真面目な日記2nd

真面目なゲーム馬鹿のツカバークが日々の日常や、ゲームのプレイレポートについて書いたりもする、生存記録的なブログです

今月もまた半分に迫ってるぞ、どうしてこうなった(自業自得)

特定の界隈に対するヘイトが溜まりすぎているんだろうな、きっと。

上も上だが下も下、もう誰が悪いのやら。

世情とはいえ……という言葉を使うのはもう何度目なのだろう。

一応やる気はあるのだけど、文面でどうアピールすべきか難しくはある。

せめて今月中にはなんとか目途を立てたいけども、ハードルも多いのがなんとも。

人間不信かつ疑心暗鬼気味だから、いつまでたっても進展が無いのかもね。

今月中にはなんとか目途を付けたいけど、何を信じればよいのやら。

それでも生きることから逃げたくない、少なくとも希望を信じる限り。

夢も希望も何もない絶望の未来……けど。

人生も右往左往、やることも右往左往、そんなアラフォーに近い男。

罪悪感を感じる嘘よりも、幸せになれる嘘ならどれだけ良かったか……。

言葉の魔法というのは一部の行動によって解けてしまうものだ。

世情とはいえ、弱者ばかりが狙い撃ちされるのは格差どころの騒ぎじゃないよね。

将来性にも関わる事だから、失敗が怖くて後ろ向きになりがち。

判断も決断も遅すぎる、自分もだ!

色々と疑り深くなってきているから、何が正しい情報なのかわからん。

せめてテイルズオブアライズ発売までには何とかしたい。

生存記録という名の16年目

去年はまあ色々とあって停滞してはいたが、 せめて今年中には何らかの動きは見せたい所。

モラルを低下させているのは、いつだって一部の馬鹿の行動からだ。

………(言葉詰まり)

昨日はたまりにたまった鬱憤を吐露したからすっきりした。

崩壊へのカウントダウンは影で進行してる……かもしれない。

果たして今月中に改善できるかが不安だが、やるしかない。

批判ばかりでとても見れたものではないレビューに価値があるのか疑問。

流行りものに乗り気ではないのは無論だが、そもそもモチベーションが足りない。

改善されたとはいえ、まだ時期尚早と思う人もいるから難しい事ではある。

一言ネタが足りないので、ついつい時事ネタに頼りがち。

一向に与党一強のイメージが強いのって、野党側のテンプレ批判が原因だと思う。

結局宣言解除した所で、リバウンドするんだろうな早々に。